相続税対策と税理士への依頼

main-img

相続税は誰にでも発生する可能性のある税金です。一回の財産取得額が大きいため、発生する相続税はそれなりに大きなものとなります。


しかし、相続税は他の税金と比べると節税対策の講じ易い税金です。
相続税は課税割合が非常に低い税金となっています。
課税割合とは、相続人のうち何%の人が相続税を納めることになるのかというものですが、相続税における課税割合は4%ほどとなっており、ほとんどの方は相続税が発生しないと言えます。
このように課税割合が低くなっているのは、税理士に依頼して相続税の節税対策をしっかり講じている方が多いということがその理由に挙げられますが、対策を講じなくても相続税自体が発生しない方も多いということもその大きな理由となっています。

そこで以下では、相続税対策のために税理士に依頼すべきかどうか見極めるための判断基準について見ていきたいと思います。

税理士にややこしい相続税対策を依頼しなくても相続税が生じないという方が多いのは、相続税の基礎控除額が非常に大きくなっているためです。相続税の基礎控除額は5000万円と1000万円に被相続人の相続人(放棄をした者を含む)の数を乗じた金額との合計額となります。


例えば、相続人が配偶者と子供2人である場合、8000万円の控除を受けられるということです。
相続財産の中で一番評価額が大きくなるのは土地と建物です。


この二つが基礎控除より遥かに小さい場合、税理士に相続税対策を依頼する必要はないでしょう。
気を付けたいのが保険金です。

保険金は被相続人の死亡後に支払われるため、一見すると被相続人からもらったように見えませんが、相続財産として扱われます。
そのため、保険金額が大きい場合は注意が必要です。

保険金の相続には大きな非課税制度があるのですが、これは相続人が保険金を取得した場合しか適用できないので合わせて覚えておきましょう。
基礎控除でまかなえないという場合は税理士に依頼した方が賢明です。


先述した通り相続税は節税対策のしやすい税金です。相続開始後では講じることができない節税対策もあるので、迷っている場合は積極的に税理士に依頼した方が良いでしょう。


消費税額は法人税額や所得税額と比べるとそこまで大きくなりませんが、消費税は商品の販売や消耗品の購入、宣伝活動など様々な取引の中で発生してくるため、日々の経理処理を煩雑化してくれます。そんな消費税は、法人のみでなく個人事業者も納税義務者になる可能性のある税金です。

個人事業者の場合、税理士に消費税対策を依頼した方がいいのでしょうか。


消費税対策を税理士に依頼するかどうかを検討する前に知っておいてもらいたいのが、消費税は納める必要がなくなりやすい税金であるということです。
先述した通り、消費税はその税額がそこまで大きくないにもかかわらず、日々の経理を煩雑化させてしまう税金です。
そのため、消費税は事業規模の小さな事業者については、納税義務をなくしています。

その判定は、2年前の事業年度の売上の規模で判定します。消費税を抜いた売上額が1000万円以下である場合、その事業者は消費税を納める必要がありません。したがって、消費税対策を税理士に依頼するかどうかを検討すべき個人事業者は、それなりに事業規模の大きい個人事業者に限られてきます。

事業規模の大きい個人事業者の場合であれば、経理部を自前で設けるということも可能でしょう。


しかし、消費税が発生する可能性のある個人事業者の場合、税理士に依頼した方が得策です。

消費税は法人税や所得税といった税金の計算方法とは少し異なっており、還付になりやすい税金となっています。

例えば店舗を購入するなど多額の支出があった場合に還付が発生しやすいのですが、計画的に行わないと消費税の計算方法の性質から還付をほとんど受けられないという可能性もあります。また、所得税や法人税と違い消費税はできたのが最近であることもあり、まだまだ穴の多い税金です。そのため毎年のように改正が行われ、練っていた対策が無駄になるということもあります。
消費税対策には、税に関する幅広い知識をもち、毎年の改正について研究している税理士に依頼した方が良いのです。
消費税は、場合によっては数十万円から数百万円の還付を受けられる税金です。

消費税を納付すべき個人事業者の方は、ぜひ税理士に消費税対策を依頼しましょう。

奈良の税理士の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

最高の大阪市周辺の税理士に関するご案内です。

大阪の会計事務所関する情報探しのお役に立つサイトです。

神戸の税理士の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

奈良の税理士の情報ならこちらで掲載されています。

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/sell_book/9784834401301/pic.html

http://girlschannel.net/topics/65732/

http://top.tsite.jp/news/beauty/o/30648689/

関連リンク

subpage01

税理士の勉強について

私は2年くらい前から税理士の勉強をしています。簿記は3級と2級を合格し、順番でいえば簿記1級を勉強するのですが、友達が税理士は工業簿記を勉強する必要がないという情報を聞き、税理士の勉強を始めました。...

more
subpage02

大人気の税理士

税理士の資格は、税理士法に定める国家資格です。納税者にとって税金をなるべく安くしたい、間違いのない申告をしたいと思っていますが、この常に一定の需要がある分野に独占業務を持っていることが税理士の魅力といえます。...

more