大人気の税理士

main-img

税理士の資格は、税理士法に定める国家資格です。

納税者にとって税金をなるべく安くしたい、間違いのない申告をしたいと思っていますが、この常に一定の需要がある分野に独占業務を持っていることが税理士の魅力といえます。
税理士のなかには高収入を得る人もいる一方で、年収が水準以下の人もいるようです。
このため、税理士の資格を取ってすぐ誰もが高収入を得るわけではありません。

しかし税理士は努力次第によって、高収入を得ることができます。

税理士法人の創設が認められて、税理士の可能性はさらに拡大しているといってよいでしょう。


税理士法人では、各地に支店を置くことができます。全国の幅広い地域にて税理士の業務を展開することが可能です。
また税理士法人では税理士が二人以上で構成されてます。

この他税理士は独立開業することができることが魅力のひとつです。



また企業内での税務のプロフェッショナルとして、企業からのニーズもあります。


また就職や転職にも有利になるといわれます。

税理士になるためには、国家試験に合格することが必要です。


この国家試験はいうまでもなく難関の国家試験です。


このためしっかりと試験対策をしなければ合格することは不可能です。


税理士試験の特徴は科目合格制度と科目選択制度となっていることです。



科目は全部で11科目があります。

このうち必須科目は会計2科目であり、簿記論と財務諸表論になっています。


この他に所得税法又は法人税法いずれか1科目選択となります。



選択科目は以下の科目から2科目を選択します。
対象科目は必須科目で選択しなかった所得税法、法人税法、相続税法、消費税法、酒税法、固定資産税、住民税、事業税、国税徴収法となります。



会計2科目と税法3科目の計5科目に合格することで税理士に合格となります。



一度合格した科目は翌年より免除となります。



受験期間の制限もありません。税理士になるには、税理士試験に合格して2年以上の実務経験が必要です。



一般的に実務経験を積みながら国家試験を受ける人が多いようです。

税理士を目指している人も多いかもしれません。
ではどうしたら税理士になれるのでしょうか。

ここで少しまとめてみます。まず、連合会への名簿登録が必要となります。

登録は学歴、職歴などの条件が必要となります。

資格を取得するためには長い年月が必要となりまた、難易度も高度な国家資格となっています。

なるにはいくつか方法があります。一般的なのが、これから説明する4つの条件のうち2つ目と3つ目に該当する試験で全11科目中5科目に合格し、実務の経験を積むということです。



一度に5科目を受ける必要がないので、仕事をしながら地道に1科目ずつ勉強している人もいるのです。
では、必要な条件を説明します。


1つ目は、試験に合格後2年以上の租税、会計事務の経験を積むことです。
2つ目は、税理士法6条に定められている試験科目について、7条・8条の規定から試験を免除されたあと、2年以上の租税、会計事務の経験を積むことです。
3つ目は、弁護士です。

(弁護士の資格を持っている人も含みます)4つ目は、公認会計士です。
(公認会計士の資格を持っている人も含みます)また、これ以外にも、税務署に23年以上勤務した人も試験を免除されるのです。

また税理士試験は、必須試験が2科目(財務諸表論、簿記論)のほかに選択試験で3科目受け、60%以上正解していないと合格と認められません。
試験の難易度としては、毎回15%前後と、かなり難しいということがわかります。


関連リンク

subpage01

税理士の勉強について

私は2年くらい前から税理士の勉強をしています。簿記は3級と2級を合格し、順番でいえば簿記1級を勉強するのですが、友達が税理士は工業簿記を勉強する必要がないという情報を聞き、税理士の勉強を始めました。...

more
subpage02

就労先により異なる様々な税理士の種類

一般的に、税理士という職業には定年がなく、継続して続けられるという特徴があります。この継続して従事できるという特徴から、税理士の方の年齢は高くなる傾向があり、非常に多くの税理士の方が各地に存在します。...

more