税理士の勉強について

main-img

私は2年くらい前から税理士の勉強をしています。

簿記は3級と2級を合格し、順番でいえば簿記1級を勉強するのですが、友達が税理士は工業簿記を勉強する必要がないという情報を聞き、税理士の勉強を始めました。


税理士は五科目を通過すれば合格というわけですが、1回で5科目合格という方はかなり少ないと思われます。


私は簿記2級の知識しかないので、情報を集めていると、簿記2級の知識で「財務諸表論」と「簿記論」から勉強すればよいことを知りました。それで2年前から「財務諸表論」と「簿記論」を勉強しています。「財務諸表論」は計算問題が50%、理論問題が50%です。

「簿記論」は計算問題が100%です。

「財務諸表論」と「簿記論」では、同じ税理士の科目でも回答の仕方が異なるみたいで苦労しています。

子供がまだ小さいので専門学校等に通うことができず、独学で勉強しています。


実際、簿記2級は独学(本屋で売っている教材)で勉強して数か月で合格した経験もあり、税理士も専門学校等に通わず、本屋で教材を購入して独学で勉強しています。


色んな税理士勉強に関する掲示板を見ていると、独学で教材だけで合格するのは非常に難しく、何年もかかると言われています。


しかしながら、私みたいに小さい子供を抱えながら独学で勉強して何年もかかって合格される方も居られると思います。私は父親の会社で経理を担当しており、業務上は税理士の資格を必要とされていません。

周りの方は、自分より学歴が上の方ばかりで、正直やりづらいこともたくさんあります。

父親には資格を取ることで周りから認めてもらえるのではと言われたので勉強を始めました。
実際、別に国家資格を持っていますが、今の仕事とはほほ関係なく、持っていても尊敬すらされません。

それで、何年かかってもコツコツ勉強して税理士という大きな目標に向かって勉強しています。


この資格を取ることで職場でも認めてもらえるでしょうし、身内からも認めてもらえるように頑張ります。


税理士になるためには非常に多くの勉強をして合格率の低い国家資格である税理士に合格をしなければなりません。

最難関とも言われている資格になりますが、メリットとしては必要科目をひとつずつ制覇していく事ができる点です。これは、目指している人にとってはとても大きなメリットです。無事に税理士試験に合格しますと、いよいよ実践になります。
多くの場合は税理士事務所などに就職して経験を積む事が多いです。

ベテランの先輩税理士の元で経験を積んで行く事は将来自分ひとりで税理士として活躍していく上でとても貴重な経験となります。

はじめのうちは見習い期間として考えているといいです。


給与面や待遇面などは高いものを望まずに、いかに多くの経験をする事ができるかを考えて職場を選ぶといいです。
ある程度経験を積んで自分で事務所を開業するようになりますと、税理士の仕事だけを行うのではなく、仕事依頼を増やして行く事も考えて行きます。
仕事の内容は様々です。
大きな会社、小さな会社、個人営業のお店の税理を任される事になります。
仕事の内容も幅広いです。どのような案件にも柔軟に対応していけるようにすると仕事の量も増えてきます。

確定申告などの時期になりますと、大変忙しくなります。

臨時要員が必要な場面も増えます。


専門性の高い仕事になりますので、安定した収入と高い収入が望めます。

個人で仕事を受けて行く場合は人脈や効率よく仕事をこなして行く事で収入に差が出てきます。

また信頼も非常に重要な点になりますので、ひとつひとつの仕事に責任を持って対応する事が大切です。
コツコツの実績を上げて行くと仕事がついてきます。確実にこなして行く事がとても重要です。


また業務に慣れてきますと、仕事の効率も上がり多くの案件をこなして行けるようになります。


税理士として就職を希望の人は多くの求人サイトを利用して募集案件を探して応募をするといいです。仕事内容や給与、待遇面などをしっかり検討するといいです。

会社設立は奈良での詳細情報を掲載しています。

大阪の過払い情報をご紹介いたします。

お手軽な相模原の税理士の価値ある情報を探してみてください。

奈良の税理士の有益な情報のご紹介です。

大阪の自己破産の情報をまとめました。

https://girlschannel.net/topics/1006007/7/

https://m3q.jp/t/537?page=2

https://matome.naver.jp/odai/2139545772844272401

関連リンク

subpage01

満足のいく税理士を見つける為には

税理士紹介サービスを利用することによって紹介に関するさまざまなサポートを(基本的に無料で)受けることが可能です。ウェブサイトやメール、電話などから税理士紹介サービスへ問い合わせを行うことができます。...

more
subpage02

就労先により異なる様々な税理士の種類

一般的に、税理士という職業には定年がなく、継続して続けられるという特徴があります。この継続して従事できるという特徴から、税理士の方の年齢は高くなる傾向があり、非常に多くの税理士の方が各地に存在します。...

more